2017年10月号

豊島区内の家族、実家に引っ越しをする

日本ではこれまで、様々な禁止令が発令されてきました。「肉食禁止令」「大髭禁止令」「海外渡航禁止令」など、数え上げたらきりがありません。禁止令など過去の法律だとお思いの方もいるかも知れませんが、東京豊島区内在住のとあるご家庭では引っ越しを機に、このほどいくつかの禁止令が発令された模様です。

はい、私がこの城の主である第三代岡野家当主、岡野筑前守秀吉です。岡野家がこの地でどれだけ長い歴史を作ってきたのかは残念ながら把握しておりません。岡野家の祖父も残念ながら遺影の記憶しかありませんが、少なくとも三代続いているのは間違いありませんので、三代目当主を名乗っています。江戸で三代続けば立派な江戸っ子と言うではありませんか。
今年の初めぐらいだったでしょうか。203から同じマンション内の実家へ引っ越す計画が持ち上がったので、今年中に引っ越しを終えるべく、春頃からゆるゆると作業をすすめました。そして6月に母親が緊急入院したのを機に本格的な実家の片付けを開始。2年前仕事場を実家に移した際にも、実家にあった「捨てられない物」を大量に処分したのですが、今回はほとんどの物を処分しました。母親には申し訳なく思うものの、そうしないと我々の荷物が入りきらないから仕方ありません。粗大ゴミはもちろん、処分で一番大変だったのは食料品でした。賞味期限の切れた乾物、缶詰、調味料、飲み物などがキッチンから大量に発見されました。いつのものかわからない「カリン酒」「梅酒」や、冷蔵庫の「ニンニク漬け」「梅干し」、古くなった「缶詰」や「調味料」などを、その臭いと格闘しながら中身を捨て、ガラス瓶や缶をそれなりに洗って資源ゴミに出しました。皆さんの実家にも、実家特有のニオイがあると思います。うちの実家の場合、それはこの「カリン酒」だったんだなとわかりました。母親は綺麗付きなほうだと思いますがどちらかというと物を捨てられない人間ですし、年を重ねると昔の物を捨てるのが億劫になるというか、保留にしてしまうのは仕方ないのかも知れません。先日、高橋英樹が娘の真麻に「終活」を勧められてトラック何台分の私物を処分したとネットニュースか何かで読み、とても共感できました。遅かれ早かれ、誰かが処分しなければならないのですから。
8月に娘の結婚式を無事終えてからは、実家の掃除と平行して203の掃除も開始しました。203には確か22年間住み続けたので、203だけで書きたいことは山ほどありますが、それだけにかなりの長文になってしまうのでやめておきます。
掃除している約1ヶ月の間、ジョギングにはほとんど行けませんでした。朝6時半に起きて大量のゴミを出し、棚などのアルミ製品の錆を落とし、着なくなった洋服を古布により分け、203の荷物を効率よく実家に収納すべく、知恵を絞ります。もちろんその間に仕事をし、それだけであっという間に夜が来て、晩酌をして、11時には寝てしまうという日々の繰り返しでした。なのでジョギングに行かずとも毎日筋肉痛で、むしろ体重が落ちたぐらいです。
このように掃除を進めていく中で、改めて気づいた点がありました。それは母親と妻の共通点(ちなみに血液型は二人ともB型)です。その共通点を踏まえ、三代目岡野家当主としていくつかの「禁止令」を出さざるを得ないという結論に至り、9月15日付けで妻に伝達しました。以下はその項目です。

【カビキラー購入禁止令】
妻は昔から、カビキラーが大好きです。カビキラーばかり買ってきます。まだ新品のカビキラーが何本か残っているのにそれを忘れてカビキラーを買ってきてしまうほどです。電動のカビキラーが出たときも、うれしそうに買ってきました。でも家の中はカビだらけです。カビキラーの何本かはもちろん使って掃除してくれたと思いますが、買った時点で安心してしまうせいもあるのでしょう。それに、妻の在庫管理能力が低いのは間違いありません。困ったことに、実家からも大量のカビキラー(大袈裟ですけど)が出てきました。ただでさえ狭い間取りの中に、カビキラーばかり何本もストックしておく余裕はありません。なので、これらのストックを使い終わるまで当面カビキラーの購入は禁止としました。

【消臭剤購入禁止令】
これは妻に伝達したかどうか忘れましたが、様々な種類の消臭剤(主にスプレータイプ)も色々な場所から出てきたし実家からも出てきたので、当面購入を禁止します。スプレータイプをそのまま置いておいても、消臭効果はありません。使わなければ消臭されないのですから、今後はどんどん使用してストックを減らしましょう。

【アルミホイル・ジプロック・クッキングシート購入禁止令】
これまで203でストックしていた分と、実家にあった分を合わせたらかなりの量になりましたので当面購入は禁止とします。これらは把握しやすいように専用の開き戸内にストックするようにしたので、今後は少なくとも買う前にここを開き、残り数を確かめてから買うようにしましょう。

【スチールたわし購入禁止令】
これは主に実家の引き出しから出てきました。何年前のものだか、何年間の蓄積なのかは定かではありませんが、スチールたわしって日々の暮らしにそれほど出番は無いはずです。これだけあれば一生購入の必要は無いかも知れません。もちろん妻の購入したスチールたわしもあるので、これだけで豊島区民全家庭のスチールたわし需要が賄えてしまうと専門家は言っていました。

【激おちパパ購入禁止令】
洗剤をつけなくても濡らしただけで汚れが落ちる、あのスポンジです。これも当分買う必要はありません。〈激おちパパを買う〉→〈感動するほど汚れが落ちる〉→〈でもどんどん小さくなる〉→〈ストックを買っとかなきゃ〉→〈その後は出番が少ない〉→〈ストックが残っているのを忘れて買ってしまう〉という構図により、増えてしまうものと思われます。今後はどんどん使って汚れも激おちパパのストックも無くして欲しいものです。

【ぬめりとり系洗剤購入禁止令】
我が家のB型(あくまでも我が家の、です)は、「カビ」と同様に「ぬめり」が嫌いです。だからついつい、ぬめりとりの洗剤を買ってきてしまいます。買うのはいいけど、使いましょう。

以上、最近我が家で発令された禁止令の数々でした。

ちなみにその男性も、掃除をする際に「KURE CRC556」を買わなきゃと思って東急ハンズで買ってきたところ、203に1本、実家に1本、556があったという失敗を犯していたそうですが、それでも556の場合はちゃんと計画的に使用しているし今後も使用する、と男性は弁解していました。

旬の宮さま、誕生日に初鍋を所望される

なんちゃって皇族、宮家のご長男であらせられる旬の宮様が、9月2日で19歳になられました。本来であれば生誕の儀が催されるはずでしたが、花の宮様がご友人の演奏会出席により生誕の儀当日はご不在であったため、今年の誕生日は匡の宮様と旬の宮様、お二人でつつましくお過ごしになられたようです。

旬の宮、19歳の誕生日おめでとう。これからも長子としての自覚を持ち、日本の平和と安全を祈願するとともに、勉学や公務に励んで欲しいと切に願います。堅苦しい言葉遣いはこのくらいにして、以降は下々の言葉を使って語っていきたいと思います。
でさぁ、ある日驚いちゃったのがさぁ、あれは確か8月の下旬だったかな?息子と妻と夜3人でリビングにいた時、妻が急に言ったんだよ。「9月2日って何かあったっけ?」だってさ。息子がいる前でだよ。私は思わず息子を指さしちゃったよ。「誕生日じゃん」ってね。自分の息子の誕生日を忘れたのかと、息子も唖然としてたね。妻は「それはわかってる」とその場を取り繕ってたけど、本当は忘れてたんじゃねーの?
下々の言葉も疲れるので、普通の言葉で書くことにします。そんな誕生日当日、妻は何かしらの用事で夜は不在でした。普段は大学のサークルやらバイトやらで帰りが遅い息子ですが、誕生日は何も予定が無いらしく早く帰ってきました。家には息子と父親の私だけです。せっかくの誕生日、何か好きな物でも食べさせてあげようと思いました。分厚いステーキでも、高級焼き肉でも、フォアグラでも、キャビアでも、北京ダックでも、高級にぎり寿司でも、こう見えてもなんちゃって皇族ですから、この日だけは金に糸目をつけずにご馳走してあげようと思っていたのです。で、息子に「何が食べたい?」と尋ねました。そしたら意外な答えが返ってきたではありませんか。「鍋が食べたい」というのです。内心、ホッとしました。焼き肉を腹一杯食べさせろと言われたらどうしようかと思っていました。
鍋と言われても、今晩は妻が不在です。一応「パパがつくった鍋でいいの?」と尋ねましたが、それでいいそうです。キムチ鍋が食べたいんだそうです。私はさっそく「マルエツプチ」まで買い物に行って鍋の材料を買い、調理し、出来上がった鍋を息子と二人でつつきました。誕生日プレゼントも、母親もいない二人だけのバースデーパーティーでしたが、気持ちのこもったあたたかいバーティーになったと思います。キムチ鍋だけに。
ところで、宮家では公務の他にテーマを決めて生涯研究を行うというのがなんちゃって皇族のならわしとなっているのは皆様もよくご存じかと思います。私の研究テーマが「鍋前線」で、春の到来を告げるのが「桜前線」、秋の到来を告げるのが岡野宮家の「鍋前線」だというのはマスコミのおかげで広く知られるようになり、嬉しく思っています。
このキムチ鍋が岡野宮家にとって今年の初鍋であり、203で食べる最後の鍋となりました。さて、過去の初鍋日を振り返ってみましょう。今年が9月2日だったのは前述しました。昨年は9月16日の「にんにくとり白湯」鍋、2015年が8月25日で、14年が8月27日、13年が最も遅い9月29日、12年が9月16日、11年が8月30日ですから、9月2日は平均的な記録と言えるでしょう。
母親が無事に退院してきたら、是非とも一緒に鍋を囲みたいと思います。

ちなみに昨年の記録を読むと、「来年の初鍋は『すき焼き』が食べられるぐらい仕事に精を出さねばなりませんね。ともかく、来年の初鍋にご期待ください。」という言葉で締めくくられていました。匡の宮様にこの件について尋ねると、「来年こそ『すき焼き』が食べられるぐらい仕事に精を出します」とだけ言い残し、足早に去って行きました。

その他のニュース

東京マラソンのエントリーに落選した。がっくし。

粗大ゴミ、資源ゴミ、一般ゴミ、たぶん今までの人生で一番多くのゴミを捨てた月だった。

定期検診とクリーニングのため、歯医者に行った。だいぶ着色していたので、また来月来るように言われてしまった。

203号室の「ドコモ光」とプロバイダの「ぷらら」を解約した。

ブックオフで段ボール箱1箱分の本を売りに出した。値段はまだ出ていない。

掃除をしていたら、紛失してしまったかと思っていた「クイズハンター」出演時のVHSビデオが出てきたので妻がお店に持って行き、DVDに焼いてもらった。相当劣化してるだろうなと思っていたが、想像以上にキレイだった。そして番組も、想像どおり優勝していた。

オーブンレンジの台を捨てた際、料理で使用する「天板」「網」「説明書」も捨ててしまったらしく、妻に激しく怒られた。色々調べた結果、東芝の通販で「天板」と「網」を購入した。「説明書」はpdfをとりあえずダウンロードした。

実家の古い冷蔵庫はヤマダ電機で処分してもらった。9千円ぐらいした。

ガスライフバルにガス乾燥機「乾太くん」の移設工事をお願いした。電話では5万円かかるかもと言われたのでビビってしまったが、1万8千円ぐらいでやってくれた。いい人だった。

リハビリ病院にて母親の介護認定のための面接を行った。

仕事的にはぼちぼちだった。