GANTZ:PERFECT ANSWER

主演╱ 二宮和也  監督╱ 佐藤信介2011年 ( 日本)

【ネタバレ注意】
ひどいストーリーだった。
1作目がそこそこよかっただけに、残念。
2作目はオリジナルストーリーだったのね。
まぁ、映画公開時はまだ連載が続いていたらしいので、仕方ないのかも知れない。
序盤に「小さな球」が出てきたあたりから嫌な予感がしたけど、
異空間と現実をこんだけごちゃ混ぜにしてはダメ。
理論破綻が甚だしい。
最後、平和が戻って生き返った人たちの中に、
記憶が残っている人といない人がいるというのはおかしい。
そもそもこの件で異星人の存在を知ってしまった人類が、
これまで通りの平和な日常を遅れるだろうか?
あの刑事、必要あったのか?
せっかくの山田孝之がもったいない。
銃で撃てば早いものを、みんなためらって、何でわざわざ刀で闘う?
オチも見え見え。
しかも納得できないオチ。
ほんと、残念。
あの黒服、やっぱり綾野剛だったのか。
クレジットに出てた?
そうそう、何でこんな作品が「PERFECT ANSWER」なのか、
理解に苦しむ。
その答えに観た人が納得してませんから〜、残念!