GANTS

主演╱ 二宮和也  監督╱ 佐藤信介2011年 ( 日本)

原作既読。
しかも、ヤングジャンプ連載開始から終わりまで
現在進行形で読んだ数少ない漫画かも知れない。
好きかどうかと聞かれると、「GANTS」は微妙かな。
ちょっと連載が長すぎたのかも。
とはいえ、これが実写になるとどうなるのか興味はあったので観賞。
原作の世界観をうまく実写化出来ているほうだし、
キャスティングもいい線いっていると思う。
タエちゃんが吉高由里子っていうのはだいぶイメージと違ったけど。
「ガンツ」は、「ロボコン」に出てくる「ガンツ先生」だったのか。
シネマレビューに書いてあって、今更ながら知った。
もっとも、「ロボコン」の先生が「ガンツ先生」という名前だったことすら
すっかり忘れていたので仕方ない。
この長い原作漫画を、次回作でどのようにまとめるのか期待している。