田園に死す

主演╱ 菅貫太郎  監督╱ 寺山修司1974年 ( 日本)

初監督作品の「書を捨てよ町へ出よう」は、
エネルギーは感じるけど映像表現が追いついておらず、
セリフも聴き取りにくく、編集も雑だったので
何を伝えたいのかわからない映画だった。
それは「日常」の中で「非現実的」な「日常」を描こうとしたせいもあるだろう。
本作は「非日常」の中で「日常」を描いた作品、
例えば恐山や田畑を舞台装置にした「演劇」なので、
理解できないなりにもその世界にはすっと入っていけた。
「書を捨てよ町へ出よう」の時よりも映像は洗練されており、
この世界感は嫌いではない。
ただ、全編ずっと不思議空間なので何度かウトウトしてしまった。