日本の歴史は藤原氏の歴史

日本を私物化した嫌われ者

藤原氏と聞いてまず思い浮かべるのは、横暴な蘇我入鹿を成敗したヒーロー藤原(中臣)鎌足だろう。西暦645年に中大兄皇子(後の天智天皇)と共謀したこのクーデター(乙巳の変)により政治改革(大化の改新)が行われ、日本は律令国家としての道を歩み始める。極悪人入鹿を討った鎌足は英雄となり、天智天皇の補佐役として出世する。その後、子孫である藤原道長の時代、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(この世は 自分のためにあるようなものだ 満月のように 何も足りないものはない)」という、あの有名な句を詠むほどに藤原氏は富み栄えるのであった……。このように藤原氏は、英雄の血を受け継ぐ名門貴族だと日本史の中で讃辞されている。
ところで、大宝律令、大仏建立、荘園、摂関政治、院政と、大化の改新から平安時代までの歴史、イコール藤原氏が隆盛を誇っていた頃の日本史は、何でこんなに退屈なんだろうと感じている人も多いのではないだろうか。もちろん自分もその一人だったので、平安以前の歴史についてはつい最近まで全く興味が持てなかった。貴族同士の権力争いばかりでわかりづらく、陰湿で、スケールも小さい。やっぱり武士が誕生してからが日本史は面白いんだよなぁ。ぐらいに思っていた。そんな自分を変えてくれたのが、作家の関祐二氏である。彼の本を読んでいてわかってきたのは、意外な事実だった。藤原氏は日本を私物化したマフィアのような集団であり、だからこそいかに藤原氏が嫌われていたかを理解しないと日本の歴史は理解できないという点である。

蘇我入鹿が暗殺された理由

前述したように、鎌足らによる入鹿暗殺によって、藤原氏は権力者としてのきっかけを掴んだ。その暗殺されちゃった入鹿が一体どんな悪事を働いていたのかと言えば、「聖徳太子の子孫である上宮王家を滅亡に追い込んだ」「政治改革を妨害した」「天皇にしか許されていない八つらの舞を舞わせた」「自分の子女たちを皇子と呼ばせた」「道に落ちている物を拾わなくなった」が代表的な理由としてあげられている。聖人と呼ばれた聖徳太子の一族を滅亡に追い込んだ(だから聖徳太子の子孫は一人も存在していないと言われている)のはさすがに許しがたい大罪だとしても、その他の罪がしょぼすぎる。「道に落ちている物を拾わなくなった」って、何だ?現代の裁判に置き換えるとしたら、「被告人は100人を殺害すると同時に、道に落ちている物を拾わなくなったから死刑に処す」と言っているようなもので、暗殺の理由としてはあまりにもバランスが悪すぎるではないか。しかも、現在では聖徳太子は実在していなかったというのが定説になりつつあるので、上宮王家なるものも存在していない。それどころか、聖徳太子は蘇我入鹿だったという説も有力視されているので、そもそもが「聖人に対する暗殺」だった可能性が高いのだ。
では暗殺された理由は何なのか。そのヒントは、当時の朝鮮半島情勢にある。その頃朝鮮半島は乱戦状態で百済(くだら)国は滅亡の危機にあり、数十万人とも言われている難民が日本へ渡ってきていた。一方、時の権力者である入鹿は、朝鮮半島重視から中国重視(遣隋使の派遣や仏教の導入など)へと切り替える政策をとっていた。乱戦続きの朝鮮半島に見切りをつけるとともに、最先端の文化や科学を中国から受け入れようとしていたのである。百済にしてみれば、頼みの綱である日本の政策転換に危機感を抱いたに違いない。関氏は著書の中で、鎌足は百済王子の 豊璋(ほうしょう)ではなかったかと推測しており、窮地に立った鎌足が現状を打開すべく入鹿を暗殺した。というのが真相ではなかったか。その証拠に、入鹿暗殺から18年後の663年に、天智天皇(中大兄皇子)は百済国救済のために無謀な派兵(白村江の戦い)をしている。その結果日本の軍は大敗を喫し、百済国は完全に滅亡。鎌足を始めとした百済難民は祖国を失い、そのまま日本で生活せざるを得なかったのではないだろうか。

手柄を横取りし、歴史を書き換えた藤原氏

藤原氏は「やるかやられるか」という大陸の中で生き抜いてきた民族だった。その頃の日本といえば「和をもって貴しとなす(十七条憲法)」で代表されるように合議制、平たく言えば豪族同士仲良くやっていこうという国だったので、藤原氏にとっては格好の獲物だったのだろう。入鹿暗殺をきっかけに政治の中枢に入り込んだ藤原氏は、その後政敵を次々に暗殺していく。
日本書紀には、「蘇我氏による妨害を受けながらも政治改革を進め、藤原不比等は大宝律令を完成させた」というような記載があるが、これもデタラメ。蘇我氏の政治改革を、藤原氏が横取りしたにすぎない。正史だからといって事実が書いてあるとは限らず、逆に正史だからこそ時の権力者の都合のいいように書かれた嘘の歴史なのだ。そもそも日本書紀は天武天皇(親蘇我派)の命令によって編纂が進められたものであるが、完成したのは持統天皇(親藤原派)の代であるので、藤原氏の都合のいいように歴史が書き換えられた可能性が高い。
なぜその必要があったのか。それは、蘇我氏こそが日本の正当な権力者であり、入鹿を暗殺した藤原氏としては「正史」に蘇我氏の正当性を載せるわけにはいかなかったからである。そのため日本書記の中で蘇我氏は悪者にされ、蘇我氏の功績は聖徳太子という架空の人物に置き換えられた。
こうして藤原氏は日本の権力の中枢に居座り続けると同時に、大化から明治に至るまでずっと嫌われ続けていたらしい。前述したように、自分たちだけが幸せならばそれでいいという考えを持つ一族だったため、藤原氏だけが私腹を肥やし、天皇は藤原氏の操り人形にさせられていく。そのため、何とか藤原氏の手から政権と富を取り戻そうと考えた天皇によって、「院政」のような仕組みが生まれる。ただし、時の権力者の悪口をおおっぴらには言えないのはいつの時代も同じである。それでも万葉集の中に「蘇我氏の時代はよかった」という内容の歌が残されていたり……あとの具体例は覚えてないけど……意外なところでは、「かぐや姫の物語」も藤原氏に対する批判の書であったそうである。かぐや姫に求婚を迫る5人の男たちには全て実在のモデルがおり、その中で一番ずる賢い悪人として描かれている「くらもちの皇子」は不比等のことだとされている。
そんな「嫌われ者」藤原氏がなぜ明治時代になって英雄視されるようになったかと言えば、それは王政復古により藤原氏も復権したからである。つまり天皇制を広めるための、政府によるポジティブキャンペーンのおかげなのだ。「日本書紀」で歴史を改ざんした藤原氏は、現代の「教科書」をも再び改ざんしたのである。

怨霊におびえる藤原氏

平安時代の歴史がつまらないと感じるのは、貴族の間で何のために権力闘争が行われているのか理解できないためなのではないだろうか。「藤原氏が一人勝ちしすぎて嫌いだから、藤原氏の手からどうにか富と権力を奪い返したかったから権力闘争してたんだよ」と学校で教えてくれていたら、当時もっと歴史が好きになれたかも知れない。
数々の政敵を闇に葬りながら富と権力を独占してきただけに、藤原氏は多くの恨みを買い、祟りにおびえ続けた。その代表例が菅原道真だろう。藤原氏によって太宰府に流された道真はそこで憤死する。その後都では落雷(昔は誰かの怨霊の仕業と考えられていた)が頻発し、道真の仕業ではないかと噂されるようになった。その落雷は何故か道真の故郷にあった「桑原」にだけは落ちなかったそうで、自分のところに雷が落ちないようにというおまじない「くわばら、くわばら」はそこから生まれたそうである。
藤原氏と聞くと遠い昔の話のように思うかも知れないが、現在も続く近衛家、九条家、二条家、一条家、鷹司家らは全て藤原氏であり、昭和天皇以前の皇后陛下は全て藤原氏の中から選ばれていたというのだから、藤原氏は今も権力の中枢に居座り続けていると同時に、さらなる浮上の機会を狙っているのかも知れない。

関氏の著書などを参考に藤原氏についてまとめてみましたが、記憶が曖昧だったり、解釈が間違えているかも知れないし、諸説あったりします。なので、あくまでも自分の頭の中をまとめただけに過ぎませんのであしからず。