2014年の締めくくり

今年は本当に色々ありました。

気がついたらもう12月です。早すぎます。日本ハムファイターズの大谷翔平のストレートぐらい速すぎます。12月になると誰もが使いたがる諺の第一位が「光陰矢のごとし」だとかそうじゃないとか。ついこの間第二次安倍政権がスタートしたかと思ったらもう解散総選挙だと騒いでいますし、小泉政権の誕生だってついこの間のような気がします。かと思えば比較的新しい出来事だったはずの民主党政権は今となっては遠い過去のような気さえしてしまいますから、時の流れは万人に対して一定ではないのかも知れません。
2014年ももうすぐ終わりです。自分がこれまで50年近く歩んできた人生の中でも、2014年は特に色々な出来事が身の回りに起こった年だったように思います。
もちろん、会社を辞めたとか、結婚したとか、子どもが生まれたとか、そういう時代のほうが環境の変化は激しかったわけで、そういうのとは違い、表面的には淡々と変化のない日常を送っていながらも内面的には大きく変化を遂げた年とでも表現すればよいでしょうか。大げさに表現するならば、2014年は「悟りの境地への入り口」だったように思います。

個人的な2014年を振り返る

毎年1月号で、前年度の個人的な「三大ニュース」を発表しているので、ここでは2014年に何があったかをざっと振り返るだけにします。
まず今年は娘の成人式がありました。そして長女は専門学校を卒業し、横浜の某一流ホテルに就職でき、無断でハムスターを飼い始め、彼氏を紹介し、横浜で一人暮らしを始めました。これだけでも充分慌ただしいのに、息子も中学卒業という節目の年でした。美術推薦で高校を受験し、何とか合格。中学の卒業式、高校の入学式と、今年の春は4つもの入卒式に出席しました。そして娘の成人式の振り袖と卒業式の袴レンタル代、息子の高校の制服や体操着などの購入、などなど、子ども関連の出費だけで痩せる思いでした。
そうそう、痩せる思いと言えば、自分は1月15日から一念発起し、糖質制限ダイエットを開始。夫婦揃ってジムにも通い始め、やがて妻も糖質制限ダイエットを開始しました。7月9日からはジョギングを開始。姉夫婦のご厚意により家族旅行に連れて行っていただき、パールちゃんは新居に引っ越し、妻は手術を受け、ブルーインパルスが自宅の真上を通過していきました。もちろん全て記憶に新しいのですが、今「岡野新聞」を読み返してから「そういえばこれって今年の出来事だったんだな」とあらためて感じるような出来事もありました。いやいや、ほんと慌ただしい1年でしたよ。
悲しいニュースも2つほどありました。ひとつ目は20年間お世話になった某出版社の倒産。未払い金も多少ありましたが、それよりも20年のおつきあいが消えてしまったのが残念でなりません。ふたつ目は、某制作会社の某さんの突然の早世。自分よりも確か15歳も若いというのに、あまりにも早すぎます。Facebookでは筋トレに励み、激痩せした姿を公開していたので、今度打ち合わせでお会いする機会があったらお互いダイエットの苦労話、自慢話が出来るなと、その日が来るのを楽しみにしていました。本当に残念です。

社会的な2014年を振り返る

自分の身の回りに起こった出来事ですら記憶が曖昧なのですから、世間一般的なニュースについても同じです。なのでここで整理しておきたいと思います。なお、独断と偏見により自分が印象的だったニュースについてだけ取り上げました。
【1月】磯野波平と星一徹(の声優)死去。小保方さん騒動。【2月】都内で13年ぶりの大雪警報。都知事選。佐村河内さん騒動。【3月】笑っていいとも!の終了。【4月】消費税8%に。セウォル号沈没。【5月】アナ雪大ヒット。【6月】FIFAワールドカップブラジル大会。【7月】号泣議員騒動。【8月】広島で土砂災害。【9月】御嶽山噴火。【10月】村上春樹ノーベル文学賞またもや残念。オカノデザイン・ドットコムがオカノ・ドットトーキョーに名称変更【11月】高倉健さん死去。【12月】菅原文太さん死去。
もちろんこの時点では12月は始まったばかりなのでこの先どんなニュースが起こるかわかりませんが、健さんに続き文太さんまでもが後を追うように亡くなってしまったのは残念です。2014年は小保方さん、佐村河内さん、号泣議員など印象深いキャラクターたちも数多く出現した年でもありました。こうして振り返ってみると、事故や災害が相次ぎ、増税もあり、社会的にも色々な出来事があった年だったなという感じがします。でも、オカノ・ドットトーキョーが選ぶ2014年のニュース第1位は何といっても笑っていいとも!の終了ですね。おかげで長年規則正しく続いてきた生活のリズムが狂ってしまいましたよ。

最後にご挨拶

他愛もない私的情報にも関わらず、今年もオカノデザイン・ドットコム改めオカノ・ドットトーキョーをご覧いただきまして誠にありがとうございました。来年も相変わりませずご愛顧の程、よろしくお願いいたします。