「逆説の日本史」を読んで

自分の「歴史観」を変えてくれた本

作家で、テレビでたまに見かけて、「逆説の日本史」という本を書いているらしいという程度の認識しかなかったので、これまで井沢元彦の本を読もうなどとは思ってもいませんでした。しかし大塚の本屋でたまたま手にした「学校では教えてくれない日本史の授業」を何気なく立ち読みし、前書きを読んだ瞬間から彼に対する認識が変わり、すぐにこの本を買いました。自分はこれまで日本史好きを公言してきましたが、この本には自分の知らない歴史が沢山書かれて……いや、歴史自体は変わるわけがないのですが、違う視点から見ると同じ歴史でも解釈が全然変わってくるものだと教えてくました。
こう書いてしまうと、いかにも彼自身が新しい説を発表しているかのような印象を与えてしまうかも知れません。もちろんその中には彼独自の説も含まれているとは思いますが、その大半はオリジナルではなく他人の著作からの引用です(と、言い切ってしまってよいのかどうかもわかりませんが)。本や資料を沢山読み漁って分析し、「現在の通説ではこういわれているけど、こっちの説のほうが正しいんじゃないの?なんでそんな簡単な話が歴史学者にはわからないの?」というのが彼の創作スタイル(「生類憐れみの令で有名な徳川綱吉は暗君どころか名君だった」などが代表的なものでしょうか)。だからこそ、信憑性のない自説を唱えられるよりもよっぽど信憑性があるのではないかと思っています。
また、これは彼独自の説だと思いますが、日本史は「穢れ(けがれ)思想」「怨霊思想」「言霊(ことだま)思想」で説明できると述べています。日本人が他人の愛用している茶碗を「汚い」と感じてしまうのは、この「穢れ思想」が現代にも活きているからであり、外国には他人の食器を汚いと感じる概念がないらしいです。
などなど、自分としては、彼の本はまさに「目からウロコ」の内容ばかりなのですが、ネットで「井沢元彦」や「逆説の日本史」を検索してみると彼の説に対して批判的な意見も多数寄せられているのもまた事実です。「引用が間違えている」「都合のいい部分だけ引用している」「説自体が疑問」「歴史学者への批判がフェアではない」などがその代表的なものでしょうか。それはそれで正しい反論だと思いますので、井沢元彦の説をまるまる鵜呑みにするわけにはいきません。でもそれはたぶん、歴史学者とか研究者たちの高次元的な話であって、そうでない人たちは「へぇ〜、そうなんだ」と気楽に読んでいればいいんだと思います。そもそも歴史の通説自体が、少ない資料や著書をもとに積み重ねられたものであり、それが本当に正解かどうかは誰にもわからないのですから。

日本は「鎖国」をしていなかった?

でまぁ、いよいよ「逆説の日本史」シリーズを読みはじめたわけです。前述したように、前々からこの本の存在を知ってはいたのですが、タイトルが「逆説」ですからね。よくある「もしも信長が生きていたら」的な、if本の類いかと思っていたわけですよ。でも「学校では教えてくれない日本史の授業」を読んで、「逆説の日本史」はif本ではなさそうだというのがわかりました。とはいえ、いざ読もうと思っても気軽に読めるボリュームではありません。「逆説の日本史」は古代から現代に至るまでのいわゆる日本通史であり、1992年から書き始められたシリーズは現時点で20巻になります(自分は文庫版を読んでいるので現時点では16巻まで)。内容も専門的で難解なので、読むのはそれなりの根気が必要です。なので読み始めるのをためらっていましたが、疲れたら別に全巻読まなくてもいいや、という気楽な気持ちで読み始めました。でも結局、第1巻の古代黎明編〜封印された「倭」の謎〜から16巻まで、これまた目からウロコ状態で読めてしまいました。
細かい内容については本書を読んでいただくとして、中でも自分が意外に思った「鎖国」についての話だけご紹介したいと思います。江戸時代、徳川家康の意を汲んだ三代将軍家光が鎖国令のお触れを出したというのがこれまでの通説、少なくとも自分はそのように理解していました。ところがこの本によると、家康は海外貿易に前向きで、鎖国するつもりは全くなかったそうです。ただ、侵略される恐れのあるキリスト教だけは禁止したいと考えており、キリスト教の布教はしないという条件を呑んだポルトガルとオランダだけは貿易を続けていました。驚いたのは、徳川幕府は一度も「鎖国令」などというお触れは出していないそうではありませんか。ではなぜ江戸時代が鎖国だったと言われているかというと、幕末近くになって、日本のいわゆる鎖国状態をどこかの外国がそのように名付け、それを和訳したのが「鎖国」だったからなのです。つまり、日本のキリスト教布教禁止に伴う貿易国の限定状態を、外国が「鎖国」と名付けただけの話。きっと、外国と貿易はしたいけどキリスト教だけは認めたくないなぁとズルズル問題を先送りしているうちに、幕末まできてしまったんでしょうね。日本ははっきりと物事を決めない国だなと前々から感じていましたが、「鎖国」ですらそうだったのかとあきれてしまいました。十七条憲法に「和(やわらぎ)をもって貴(たっと)しとなす」と書かれているように、日本という国は太古の昔から「なあなあな国」であり、それが今も続いているのだなと、あらためて日本という国の本質が見えてきたような気がしました。ちなみにキリスト教弾圧として有名な島原の乱にしても、彼らはキリスト教弾圧に対して反乱を起こしたのではなく、幕府の政策に不満を持ち、反乱を起こした浪人たちがキリスト教信者だったというのが真相らしいです。

温故知新

日本はどうしてこうも外交ベタなのか、天皇家はなぜこれまで存続できたのか、中韓とのぎくしゃくした関係の原因はどこからきているのか、日本はなぜ無宗教なのか。他にももっとありますが、このように普段から感じていた素朴な疑問が、「逆説の日本史」シリーズによって自分なりの結論が得られたような気がします。これこそがまさに、温故知新ではないでしょうか。
このシリーズはこの先も続くでしょうし、テーマ別の別冊もあるし、「逆説の世界史」シリーズも出ているようです。なので井沢元彦については引き続き愛読していこうと思っています。